おいしいハーブティーの入れ方

おいしいハーブティーの入れ方は、誰しもが知りたいものです。
ただ、あまり難しく考えるのではなく、気楽になさっていただければ良いかと思います。
ここでは、まずドライハーブのシングルハーブティーの入れ方を例に述べて行きます。


▼目次

溶出させる入れ物はどんなものが最適?


まず、溶出させる入れ物ですが、理想を言えば蓋付のポットが良いです。
材質は問いませんが、透明なガラスだと、ハーブのリーフの動きや色の出る様子が観察できて心が落ち着きます。
次善の策としては、ティーカップとソーサー(受け皿)の組み合わせがあります。
お湯を注いだ後にソーサーで蓋をします。ソーサーもない時には、ティーカップにお湯を注いだ後にラップをかけて蒸らします。

入れるハーブの量は「one for you, one for me, one for pot」


入れるハーブの量は、一人当たりティースプーン山盛り1杯(物に拠りますが約1gから3g)が目安となります。
ただ、ポットで入れる際は、紅茶と同じく「one for you, one for me, one for pot」で最初の1杯は余分に入れます。
一人当たりのお湯の量は、180ccを目安にしてください。沸騰したお湯を薦める方もおられますが、私はやはりすぐに注ぐのではなく、一呼吸置いて、95〜98℃ぐらいに冷ました湯を入れた方がよいように思います。
ブルーマロウの場合はさらに温度を低めにします(すぐに青色から褐色に変色する場合があります)。
一説によると75℃ぐらいがよいとか、水出しがよいとかの意見もあります。)
蒸らし時間は、葉や花などでは3分、種子や根など硬い部分ならば5分ぐらいが望ましいです。
ローズヒップで少し濃く出したい時は、5分を目安にします。もちろんポットなどは、事前に温めておきましょう。
ハーブの量や蒸らし時間は、気分や体調に合わせて変えてみましょう。
蒸らし終わったら、まず香りを楽しんでいただきたいと思います。
そのためには、ポットでは蓋についた水滴を中に垂らしてから、ティーカップに注いでください。また蓋にしたソーサーに着いた水滴も同様にカップに垂らしてください。
ラップの場合は、中央部を指でポンっと叩いて水滴を落してください。

ゆっくりと香りを味わいましょう

その後、カップに鼻を近づけて、ゆっくりと香りを味わいましょう。
香りには、レモン系、ミント系、フルーティーなもの、スパイシーなもの、懐かしい感じのものなどがあります。
ワインのソムリエのように言葉を膨らませて表現してみるのも知的遊びとしては一興では?
また、その時の体の状態や気分によって、感じ方が変わることがありますので、メモしておくと体調管理にも繋がります。
香り(匂い)は非常に繊細なものですが、慣れも早くに訪れてしまい、匂いとして認識できる時間は限られています。ただ、匂いを感じていなくとも作用は及んでいることを忘れないようにしてください。
匂いの分子は、鼻の中の嗅上皮と呼ばれるところで感知され、嗅神経を通って直接脳に達します。そして記憶野にも信号を送り、良い匂いか、嫌な臭いか、さらにはどんな記憶と結びついているか等が思い出されることになります。
通常、脳の中には物質は入り込まず、血液と脳の間の関門(脳血液関門:BBB)で留められてしまいますが、この嗅上皮からの経路は直接通り抜ける経路で特別なものです。

色合いを目で楽しむ


色合いは、グリーン系、イエロー系、紅色系、ブルー系、褐色系があります。どの色合いが表出して来るかも楽しみの一つでしょう。
特異な例としては、マロウブルーがあります。最初はすがすがしい青ですが、重曹を入れると紫に、レモン汁を加えるとピンク色に変わります。アイスティーなどで楽しみましょう。
後は、ゆっくりと味も味わっていただき、体の変化などを静かに感じ取るのもくつろぎの演出になるのではないでしょうか。

アイスで楽しむ水出しハーブティー


アイスティーは、蒸らす時間を10分近くにし、少し濃い目に入れます。
お湯は、ホットの場合の1/2から1/3にします。ハーブを濾した後に粗熱をとり、冷蔵庫に入れて冷やしてください。氷を入れて薄めつつ飲むと程良い感じになると思います。
フレッシュハーブなどを挿しておしゃれに楽しむのも良いでしょう。作ったその日に飲み切るようにしましょう。
最近では水出しハーブティーも出回っています。ハーブに水を加え、時々かき混ぜながら好みの濃さになるまで待ちましょう。濾した後、冷蔵庫へ。アイスティーと同様、作ったその日に飲み切りましょう。
小物として、ポット・カバーやポット・マットなどを手作りして楽しむのも話題作りとしてもよいでしょう。

こちらの記事も是非お読みください!